前へ
次へ

法人営業を理解して、求人に応募し転職を成功させよう

最近、法人営業の求人も増加の傾向です。
そもそも、法人営業とは企業などの法人を対象に営業活動を実施する職種です。
一般の顧客をターゲットとしている個人営業とは異なったスキルを求められる為、求人に応募して転職するには、事前に具体的な仕事内容をよく確認しましょう。
法人営業には以下のようスキルが求められる為、求人に応募する際には参考にしてください。
最初に挙げられる特徴は、会社の代表としてセールスをすることを自覚することが大切です。
法人営業の場合は、担当者個人との商談を進めていくのではなく、あくまでも会社対会社のビジネスを実施しているという自覚が必要なのです。
多くの求人ではその自覚を求められています。
また、ビジネスコミュニケーションも大切で、求人を出している企業は、法人営業先は、企業の立場から企業活動やビジネスのために製品やサービスを購入し、自分はそれを供給する立場であるという、顧客と営業者のお互いの立ち位置を把握したビジネスコミュニケーションスキルを求めています。
なお、法人営業は自社内で顧客エージェント的や役割を果たさなければならない事がある求人もあります。

Page Top